よぴやまの備忘録

プログラミングとベースの備忘録

ubuntu16.04とwindowsのデュアルブート

どうもよぴやまです.

今回はubuntuwindowsデュアルブートをしてみようと思ったので,経過をメモしていきます.

対象のPCは学校推奨()のDynabookで現在入ってるOSは10です.

インストールメディアの作成

Dynabookubuntuを入れるため,まずインストールメディアを作成しました.メディア作成にはmacを使用しています.

最初にubuntu japanese teamからubuntu16.04LTSをダウンロード.サイズが2GB未満だったので,2GBのUSBを用意しました.

次に,ubuntuをダウンロードしたディレクトリに移動し,以下のコマンドを実行.

hdiutil convert -format UDRW -o ubuntu-ja-16.04-desktop-amd64.img ubuntu-ja-16.04-desktop-amd64.iso
 # .isoを.imgに変換

mv ubuntu-ja-16.04-desktop-amd64.img.dmg ubuntu-ja-16.04-desktop-amd64.img
# 何故か.img.dmgになったため.imgにリネーム

次に,USBを接続し,

diskutil list

を実行しUSBがdisk何になっているか確認.ちなみに,disk2として認識されていました.

diskutil unMountDisk /dev/disk2
#USBをアンマウント

sudo dd if=ubuntu-ja-16.04-desktop-amd64.img of=/dev/rdisk2 bs=1m
#USBに.imgの書き込み

最後に,USBをeject.

以上でインストールメディアが完成したはずです.

BIOSの設定

次に,対象PCのBIOSの設定に移ります.ここからの部分(要は今回の作業の大半)はかなりこのqiitaの記事(大学推奨 Windows 8.1 PCでUbuntuとのデュアルブートに苦労した(TOSHIBA R732,Ubuntu14.04))を参考にさせていただきました.

恥ずかしながらこのデュアルブートの作業をしていて初めてUEFIとかについて知ったのでおとなしく先人の力をお借りしました.

記事を見ていただければわかるのですが,まずBIOSの画面を出して,Secure boot をoff,その後にBoot mode をCSMに変更という感じです.

ubuntu側での作業

まずインストールをせずにubuntuを起動させます.そしてubuntuのパーテーション管理ソフトの「GParted」を起動し,Cドライブとして認識している部分を右側へ縮小&移動します.この時空いた左側部分にubuntuが入ります.そのあとデスクトップにあるubuntuインストーラーを使いインストールします.

ubuntuのインストー

言語は日本語,アップデートはインストールと同時にを選択しました.インストールの種類あたりの設定なんですが,選択してインストールにしました.そして,ubuntu側での作業で開けたパーテーションを選択してインストールをクリック.したんですが,「ルートポイントが選択されていない」みたいな感じのポップアップが出てできませんでした.これは選んだパーテーションを編集し,マウントポイントを「/」にすると解除されインストールに進めました.

起動

インストールが完了できたから起動しよう!と思ったのですがbootの設定をCSMにしてもなぜかubuntuが起動されず

Insert system disk in drive.
Press any key when ready...

とだけ表示されました.

とりあえずの占め

起動できない問題がなかなか解決できないのでとりあえず投稿します.予測できる原因としては,パーテーションの設定がうまくいってなくて読み込めてないことと僕の理解力&知識不足かな〜って思ってます.後々進捗あれば追記していきます.あとこれをみた強い人アドバイスくれたらとても嬉しいです.